「さくらんぼカレー」

このカレーの名前を聞いて、

「はぁ?」というのが率直な感想です。

そこで氣づきが・・・

自分の想像できないものに関しては、

疑問をもつのだなと^^

= = =

さくらんぼカレーを頂いたので食べてみました。

山形のさくらんぼの果実が入ったカレーで

色はピンク色で甘い香りです。

カレーと言うと、

黄色でカレーに使う独特の香辛料の香りの

イメージが強く、カレーを食べている実感が

正直なかったです。

= = =

カレーというより、違う食べ物・・・

作った人は勇氣がいったのではないでしょうか。

ちなみにカレー(Curry)の語源としては、

各種スパイスで具材を煮込んだ汁状のもの、即ちインドのタミル語のソースの意のカリ(Kari)から転じたという説や「香り高いもの」、「美味しいもの」という意味で使われるヒンズー語の「ターカリー」(Turcarri)から「ターリ」(Turriに転じ、英名になったという説などがあるそうです。

= = =

私たちが日常食べている黄色で辛味のある汁状のカレーは、

カレーの中の一部であるそうです。

今回、ピンク色のカレーを食べて、

いかにカレーはこういうものだと言う思い込みをしていたか、

よくわかりました。

= = =

が、やはり黄色で辛いカレーが好きです!