「書をいただきました~」

患者のS・Hさんから書をいただきました。

【物和則嘉成】

『物和して則ち(すなわ)嘉(か・よし)成り』

万物が調和すれば

 必ず素晴らしい結果が

  生まれるであろう

との意味があるそうです。

= = =

治療室に飾ってありますので、

書を見た患者さんが、

「素敵な書ですね」

「なんと読むのですか?」

意味を伝えると

「先生にぴったりですね」と言われます。

なんと、書を私にプレゼントしてくれた方も、

「先生の施術に合っていると思い、この文字を書いた」

と伝えてくれました。

嬉しいことです。

= = =

そう言えば、日本国は大和の国ともいいますね。

聖徳太子(今の歴史の教科書では厩戸皇子というらしいですが)が、

和をもって貴(とうと)しとなす」

互いの違いがあっても「和(調和)」に至ることが大切であると説いているそうです。

調和って大切ですね。