血液検査と尿検査

一年振りに、血液と尿を

13年間お世話になっている病院で

検査してもらいました。

= = =

血液と尿は一年に一度検査をしてもらい、

結果はいつも良好ですが、

今回は、先生が「まずい、まずい」

としきりにつぶやいて・・・

結果が悪いのかとドキドキしていました。

恐る恐る

「先生、まずい まずいとおっしゃるのは

なんですか?」とたずねると、

「検査結果があまりにも良好なので、

医師としての優位が保たれない」と

冗談なのか、本気で言っているのか

わからない言葉がかえってきました。

= = =

血中のたんぱく質が年齢とともに

減少していくそうです。

私は一度減ったのですが、4・5年前より

また増えているそうです。

その数値をみて先生が「やばい やばい」

とつぶやいたのだと気がつきました(^^

年齢からしたら、すこぶる良い評価そうです。

= = =

どうして数値が良かったのか、病院から帰宅してから

考えました。

その時思ったのは、

・自分に正直でいる

・前向きにチャレンジし行動している

・結果に振り回されず、そこから学んでいる

・何事も楽しんでいる

を生きているからだと実感しました。

結果を載せておきます(TP⇒タンパク質です。)