免疫を高める -爪もみ-

今回は、爪もみです。

この天気で、自律神経が乱れている

患者さんが多いです。

爪もみがなぜ良いかというと・・・

↓ ↓ ↓

免疫力が低下する最大の原因は、

自律神経のうちの交感神経が過度に

緊張して、リンパ球が減少することにあります。

爪の生えぎわを押しもみして刺激する

「爪もみ」は、交感神経に傾いた自律神経の働きを、

副交感神経優位に導き、リンパ球を増やして、免疫力

を回復させる効果があります。

爪の生えぎわは神経繊維が密集していて、

感受性の高いポイントです。

爪もみの刺激は瞬時に自律神経に伝わり、

自律神経の働きを整えることができます。

【爪もみのやり方】

手は第二の脳とも言われ、脳と直結する部分とも

言われています。手を使うことによる、脳への

効果が期待されるそうです。

薬指以外の爪の生え際を、親指から順番に

反対の手の親指と人差し指でつまんでもむ

・一か所を10秒ずつ。症状に対応する指は

 20秒ずつ少し痛いくらいの強さでもむ。

・1日に1~2度もむとよい。

【指の効果的な症状】

○親指⇒アトピー・咳・喘息・リュマチ・円形脱毛症など

○人差し指⇒胃・十二指腸潰瘍・胃弱

○中指⇒耳鳴り・難聴・ふらつき・めまいなど

○小指⇒物忘れ・不眠症・メニエル病・高血圧・糖尿病・肩こり・

 腰痛・椎間板ヘルニア・動悸・頭痛・生理痛・生理不順・

 更年期障害・自律神経失調症・うつ病など

※薬指はもまない

テレビを見ながら、

待っている時間になど

気軽にできます。

画像はネットより